DSC_0433

【概要】
2014年から年1~2回程度開催されているサイクリングイベント「The Peaks」の第5ステージ。
本来は2018年7月に開催予定だったが、悪天候のため当日中止となってしまった。今回はそのリベンジステージ。

カテゴリーは「通常エントリー」「変態増し」「ド変態増し」が存在し、「変態増し」「ド変態増し」はエントリー費用の割引がある。更に、「ド変態増し」は通常エントリーよりコースが33km、獲得標高が1046m長くなり、制限時間は1時間短い11時間30分となる。
「ド変態増し」は厳しいコースにも関わらずグロスアベレージが20km/h近く要求され、どう考えても無謀だと思ったが、やはり挑戦欲をそそられるもので、ついエントリーしてしまった。

結果的にはリミット20秒ほど前に滑り込みで完走。おそらく、「ド変態増し」の中では一番遅いフィニッシュだったと思われる。

実はPBP後に若干風邪をひいてしまい、病み上がりでの参加だった。序盤で少し息苦しさを感じたのはその影響だったかもしれない。後になるほど心肺より脚の消耗が走りに影響するので、全体としてはあまり関係なかったと思う。

【詳細リンク】


【実走データ】
距離:226.45km
獲得標高:6413m
走行時間率:94.6%
平均速度(ネット):20.8km/h
平均速度(グロス):19.7km/h


【計画】
The Peaks Round5 行程
8月4日に開催されたBRM804「富士山5合目を巡る冒険」(AJ神奈川・200km)で富士山5合目を1日に3回登っており、長距離・長時間の登りに対する最近の力量が大体把握できていたので、それをもとに計画を立てた。
しかし、どのように計画しても18時までにフィニッシュするのが無理で、完走はまず不可能なのではないか?とも思った。やむなく、登りの速度を若干高めにとり、補給の時間をギリギリまで減らすことで完走の見込みを立てた。

実際はここまで速く登ることはできず、全体的に予定よりも登りが遅く、下りは速い傾向となった。概ね、予定から±10分程度の誤差で走行していたと思う。
補給は3回する予定としたが、それだけでは間違いなく空腹になるので、補給食としてスポーツようかん8本・エネモチ2本・メイタンCCC(金)2本を携行。結果的に、スポーツようかん6本、エネモチとメイタンCCCは全て消費した。


【開始前】
前日19時くらいに、スタート地点近くのペンション「ラクゥーン」にクルマで到着。夕食・朝食は近くのローソンで買い込んだ。なお、PEAKS参加者が買い尽くしたためか、ローソンでは水とアクエリアスが売り切れだった。

21時頃に就寝したが、PBPの時差ぼけがまだ残っているのかいまひとつ眠れず、睡眠時間は5時間程度。

翌朝は4時半ぐらいに起床し、5時45分ぐらいに会場入り。駐車場にはゆとりをもってクルマを停められた。


【終了後】
1時間ほど仮眠してから帰路に就く。意外と途中眠くなることもなく、PAでのトイレ休憩1回で帰宅。


【記録】
走行中は1枚の写真も撮る余裕が無かったので、テキスト中心で振り返ってみたい。

DSC_0430
前日宿泊した「ペンション ラクゥーン」。エアコンは無かったが、涼しいので問題ない。ビジホのようなアメニティは無いので持参が必要。中止となった昨年も宿泊しており、そのとき買った手づくりのりんごジュースが美味しかった覚えがある。

DSC_0433
受付で配布されたステッカー。貼るかどうかは自由だが、自分を鼓舞すべく、貼ることにした。

DSC_0434
スタート前。浮ついた感じはあまりなく、落ち着いた雰囲気だった。出走は40人。

DSC_0436
当然サドルバッグ無し。対処可能なトラブルはパンク一回のみ。チューブなどの収納は、サドルバッグより軽く、いくらか低重心化が期待できそうなのでツール缶を使用。写真では取り外してあるが、GRANITEのバンドを使ってサドル後部にレインパンツを固定した。

<スタート(女神湖)~CP3(スズラン峠)~ST3(麦草峠)~STD1(松原湖)~ST3(麦草峠)>
最初から周囲のペースが速く、置いて行かれ気味だと感じた。
スズラン峠をほぼ予定通り通過、往路の麦草峠は数分のマージンで通過。
松原湖まで降りた時点では10分ほどのマージン。
そこからの登り返しは予定より時間がかかり、復路の麦草峠でマージンは5分程度に減少。
麦草峠でおにぎり2個、バナナ1本を補給。ここでは、周囲の参加者にはまだ余裕が見られ、何となく楽観的な雰囲気を感じた。
補給後にトイレタイム。麦草峠のトイレは有料(50円)なので、あらかじめ50円玉を用意しておいた。
以後、下りを予定より早くこなしてマージンを稼ぎ、登りでマージンを食いつぶすことを繰り返す。
登りでは周囲と同じかやや遅れ気味、下りでは遅れ気味で、スキルの差を感じた。

<ST3(麦草峠)~CP3(スズラン峠)~CP4(車山肩)~ST4(立石公園)~CP4(車山肩)>
麦草峠からの下りは、少し寒かったのでレインコートを着用。フードが空気抵抗になっていると感じ、下りながら取り外してポケットにしまった。
その後は霧ヶ峰の絶景を堪能できる区間だったが、相変わらずマージンは数分~10分程度を行ったり来たりしていて、心のゆとりは全然持てず。
立石公園で2回目のトイレ。この辺りから、周囲にはダレている人も目立つようになってきた。
登り返しの車山肩で2回目の補給。マージンは10分程度だった。時間的に相当厳しいのでは?という声があちらこちらから聞こえ、少し悲壮感も感じた。

<CP4(車山肩)~CP2(大河原峠)~ST2(美笹湖)~CP2(大河原峠)>
まずは車山肩~白樺湖畔までダウンヒル。その後、大河原峠までのヒルクライムが始まるが、序盤は斜度が緩いのでここでいかに速度を稼ぐかが重要となる区間だった。
大河原峠到着時点では、まだ数分のマージンがあったと思う。ここで立ち止まらず通過し、美笹湖まで一気に下った。美笹湖で3回目のトイレタイムとしたが、チェックポイントからトイレまで少し距離があったのは誤算だった。
トイレ後、すぐに大河原峠までの登り返しを開始。平均斜度は6.4%で、今回のコースの中ではやや急な斜度といえる。少し気を抜くとすぐに出力が落ちてしまい、少なくとも150W以上は出すよう、気持ちを入れて回し続けた。
大河原峠まで残り1kmほどのところで急に身体の力が抜けて、頭がぼーっとしてきた。貧血を起こしたらしい。まずい。こうなると100Wを切ることもしばしば。あともう少しで休めるからと、どうにか気持ちを奮い立たせて、大河原峠に到着。
自転車を降りるときに少しふらつき、降りた後も1分くらい身体を動かせなかったが、なんとか補給開始。おにぎりを食べる元気が無かったので、たしかバナナを2本くらい食べたと思う。
雨が降り始め、気温も13℃程度と寒かったので、レインコートとレインパンツを装備。4回目のトイレの後、ダウンヒル開始。貧血のせいで予定より3分くらい遅れてのリスタートとなった。

<CP2(大河原峠)~CP1(雨境峠)~ST1(陣内駐車場)~CP1(雨境峠)~フィニッシュ(女神湖)>
大河原峠からの下りは平均斜度-4%と緩く、途中で平坦または少し登り返す区間もあり、速度が出なかった。雨境峠通過は17時12分ほどで、ここにきて予定より8分遅れてしまった。

陣内駐車場で通過ステッカーを貰い、リスタートしたとき、スタッフさんが「あと40分切ってる」と仰っていた。時刻はたしか17時23分で、予定より4分遅れていた。残りは距離7.8km・斜度6.2%のヒルクライムと、2kmの緩いダウンヒル。今の脚で、これを37分でこなせるか?駄目かもしれないが、しかし弥彦スカイラインのだいろ側を、疲労した脚で30分そこそこで登れるのでいけるかな?とも思った。ともかく、可能性があるなら行くしかない。レインコートとレインパンツは脱ぐ暇が無かったので、着たまま登り返しを開始。
2本目のボトルに水がたくさん残っていることに気づき、道路わきの草むらに全て放出した。後で考えると、このわずかな軽量化が結果を左右したのかもしれない。

途中で追い抜いた方が「アベレージ15km/h必要」と仰っていたが、もはやそれが正しいかどうか判断する余裕は無かった。サイコンの表示は残念ながら12km/h程度だったような気がするが、最後の2kmが下りであることに望みを託し、がむしゃらに回し続ける。ログを見ると、この区間の平均出力は177Wだった。これは序盤、脚がフレッシュなときと同等。どれだけ必死だったのか。

雨境峠で、スタッフの方の「あとは下り!」の声が聞こえた。斜度は-2.7%しかないが、ほぼ一直線のダウンヒル。アウターに入れて、身を屈めて、回して、回して、回して・・・。

女神湖への曲がり角に近づいたところで、サイコンの時刻が「17:59」から「18:00」に変わった。ゴール制限時刻が「18:00:59」と知っていたので、この時点でようやく、ギリギリ間に合ったことを確信した。右の拳を振り上げて、歓声に迎えられながらゴールゲートをくぐる。間に合った。リミット約20秒前だった。

完走記念の手ぬぐいを首にかけてもらい、空いていた椅子に座りこみ、しばらく動けなかった。女神湖畔の涼しい空気が、本当に気持ち良かった。
帰り際、陣内駐車場で通過ステッカーを渡してくださったスタッフさんが「間に合ったんですか!?」と驚かれていた。自分でも驚きでした。本当に。

DSC_0440

ド変態増しの完走率は14/40人、35%だったとのこと。あまりに厳しすぎたが、こういう限界ギリギリのライドもたまにならいいと思う。実力テスト的な感覚?

次回は来年5月、熱海でRound6がリベンジ開催となる。こちらもド変態増しで参加したいと思う。主催のlongridefanさん、今回も苦しく楽しいイベントをありがとうございました。


おまけ
The Peaks Round5 摂取カロリー
摂取カロリーをまとめてみた。stravaによると消費カロリーは5498kcalだったらしい。脂肪燃焼を含めれば、大体収支が合うのかな?